もちろん人によりけり、志望校によりけりだと思いますが、日本国内MBA受験にあたりどのくらいの準備時間が必要かを試算してみます。

1.学習時間
試算するにあたり、参考となる学習時間が全くないのも困るので、ここでは国内MBA受験予備校の授業時間をベースとします。受験準備でも書きましたが、受験予備校は必ず通わなければならないわけではなく、一つの選択肢と考えてください。
さて、河合塾KALSの国内MBA・MOTコースで国公立コースだと、授業ベースで以下の通りです。
項目

回数

1 回あたりの時間()

小計()

MBA論述ファンダメンタル

7

210

1470

MBA論述アドバンス

4

210

840

MBA国公立特講

3

120

360

MBA面接対策

2

210

420

 

合計3090分=51.5時間

倍の時間を予習・復習にあてるとして、100時間強といったところでしょうか。

ウインドミル・エデュケーションズのパートタイム(夜間)国内MBAコースだと、授業ベースで以下の通りです。
項目 コマ

回数

1 回あたりの時間()

小計()

基本編

 

 

1

8

90

720

2

8

50

400

3

3

50

150

応用編

 

3

105

315

実践編

 

827

1

150

150

その他

5

110

550

合計2285=38.1時間

倍の時間を予習・復習にあてるとして、80時間弱といったところでしょうか。
以上より、だいたい80時間~100時間といったところですね。

2.志望校対策
研究計画書やエッセイを作成する時間と、面接対策の時間が必要ですから、それをざっくり学習時間の半分とみると、40時間~50時間でしょうか。

3.合計
1+2で合計120時間~150時間の準備時間が必要ということになります。
粗々の見積ですが、ご参考までに・・・。

私は志望校とテーマをしぼったのと、学部時代の知識が生かせたので、上記よりかなり少ない時間で合格できました(予備校は使いませんでした)。なので、本当に人によりけりですね。
また、定員割れのMBAの場合も、人気校ほど準備する必要はないかもしれません。